• 多段式などの立体駐車場のメーカーは多数あります

    立体駐車場には駐車スペースを立体化する事で敷地を最大限に活用出来るメリットやタワー式などの場合であればセキュリティ性の向上や周辺交通の改善に貢献出来るようになる様々なメリットを持ちます。

    立体駐車場のメーカー情報が様々な条件で検索可能です。

    立体駐車場の設備には機械式と自走式の2種類がありますが、この内メーカーが製造販売を行っているものが機械式です。自走式はビル全体もしくは一部の階を駐車場とするもので、自動車を運転する人が各階に設置してあるスロープを利用して駐車スペースまで移動して止める形になります。



    機械式の場合には多段式やタワー式などの種類があり、いずれも国内には色々なメーカーが製品の開発を行っており、タワー式の場合はビルなどの建築物内に昇降機を取り付け、予め指定した階や駐車スペースに自動車を移動させるため、自動車を運転する人は入り口で係員に依頼する事で車を止める事が可能になります。

    多段式の場合には一戸建て住宅の駐車スペースでも利用可能な立体駐車場で、所定位置に自動車を置いた後は、機械操作を行う事で一段目や上段などに車を止める事が可能です。



    2段式の場合には上下に自動車を2台収容出来るため、従来1台しか止める事が出来なかった駐車スペースが倍になるメリットを持っています。


    自宅に2台や3台分の駐車スペースを確保する事は広い土地が必要になるわけですが、多段式の駐車スペースであれば、簡単に収容台数を増やせる、しかもこうした製品を開発しているメーカーは多くあるので比較が出来るメリットもあるわけです。